• ホーム
  • 効果はあるけど保険が効かないルミガン

効果はあるけど保険が効かないルミガン

ルミガンというのもまつげ育毛用には使う事が出来ます。
ですが、これは医薬品であり、実は使い方に注意が必要な薬になります。
とはいえ、実は美容皮膚科や美容外科などで保険適用外であれば購入する事も出来るのです。
これはどういうことなのでしょうか。

そもそもルミガンとは、元は緑内障用目薬として効果がありました。
ですが、副作用にまつげが伸びてきたとか毛が生えてきた、多毛化したという事例が報告されるようになったため、まつげ育毛剤としての注目も集めるようになりました。
ところが、厚生労働省はまつげ植毛用などとしての用途に使用することを認めず、保険適用とはしていません。
たしかにまつげ育毛は医療行為ではありませんから、厚生労働省が認めないのも当然です。

このため、このような副作用を狙って購入する場合、もし一般的な眼科でも緑内障と診断されれば保険適用になり、緑内障用の目薬としてルミガンを使用することは出来ます。
ですが、まつげ育毛やまつげ植毛用という事で考えているのであれば、美容皮膚科などで保険適用外で購入するしかありません。

この場合、気をつけたいのはそれぞれの皮膚科や美容皮膚科などで扱いがあるかどうか、という点です。
実はルミガンに代わって最近ではジェネリックを扱うケースもありますし、まつげ用とされるグラッシュビスタ外用液というのを処方する美容皮膚科もあります。
美容外科などでもそのようなケアが出来る場合がありますが、処方されるアイテムがあるかどうかは事前に確認しておきましょう。

また、多毛化やシミなどの副作用もありますので、使用の際には医師の診察と正しい仕様を心がけましょう。
多毛化することは悪い事ではありませんが、中には使用中にトラブルが出てしまうこともあります。
この場合は使用をすぐに注視して、医師の診察を受けましょう。

最後に、ルミガンは高い事も忘れないでください。
保険適用外という事もありますし、当然緑内障用目薬なのでそれなりに費用がかかります。
美容外科などで処方してもらう場合は保険適用外でも9000円ほどかかるとのことですので、普通のまつげ美容液などと比較すると高額になる傾向があるでしょう。
とはいえ医師の診察や使い方の説明などを受けられるので、それを考えると安いかもしれない、という考えはあります。
ただ、ある程度慣れてきたら高い皮膚科などではなく、海外輸入で個人輸入のルミガンを使うという人もいるようです。

関連記事
本当に美白肌は男性に好まれるの? 2020年05月04日

美白は女性にとっては大事だとされ、特に伝統的に日本では色の白いは七難隠すともいわれてきました。ですが、一度冷静になって考えてみると、本当に美白肌の方が男性に好まれるのでしょうか。男性全体ではなく個人個人としての好みの傾向であれば、実際はその人によって違うでしょう。意中の人がいるのであれば、その人に色...

綺麗な肌を目指すならまずはクレンジングから見直そう 2020年03月30日

綺麗な肌にするためには、クレンジングが重要です。クレンジングはメイクを落とすためのケアであり、かなり重要な物でもありますが、適当にしているとすぐに肌トラブルも起きてしまう可能性があります。どういうポイントで選べばいいか、また見直すポイントはどこなのかチェックしましょう。まず、大事なのが部分メイク落と...

睡眠不足は大敵!美肌を保つための方法 2020年02月20日

睡眠不足はお肌の大敵ですが、そのほかにもお肌にダメージを与えるものや、老化を促すような生活習慣はあります。美肌を保つためには、いくつかの美肌を保つ方法を覚えておきましょう。まず、ひとつはやはり睡眠をしっかりとることです。睡眠はお肌を修復すると同時に、ストレスから体や心を守り、しっかり休ませてくれるの...

綺麗になりたい人こそしっかりスキンケアをするべき理由 2020年01月11日

スキンケアは毎日のケアで大事なものです。綺麗になりたい人こそ毎日しっかりスキンケアをしながら肌の様子を観察したり、体のパーツがどうなっているかを観察する必要があります。この最も大きな理由は、そもそも毎日体調は一定ではないという事が大きいでしょう。毎日体は生まれ変わりますし、自分が意識しなくても新しい...

手軽に買えるルミガンのジェネリック医薬品ケアプロスト 2019年11月11日

まつげを伸ばすためにはルミガンもありますが、ルミガンのジェネリックにケアプロストという薬もあります。ジェネリックとは何かというと、その薬の開発特許の期限が切れたので、その後にいろいろな会社が自分の会社で医薬品を作り、その際にある程度同じような成分で価格は安く作る事が出来る、という薬です。このため、ま...