• ホーム
  • どっちが長い?欧米人と日本人のまつげの違い

どっちが長い?欧米人と日本人のまつげの違い

きれいな目元

欧米人の目元は印象的で魅力的な事が多いのですが、日本人と欧米人のまつげにはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、よくあるのがまつげの色です。
そもそも日本人の体毛の色は黒やこげ茶などの色素多めの色合いが多く、逆に欧米人の場合は金色や色素薄めの色味のことが多いものです。
このため、基本的に色味の違いがあり、特に目元を印象付けやすいのは黒など色が濃い日本人の方だと言われています。

ですが、太さや濃さについては欧米人の方が優れている傾向があります。
というのも、欧米人の方が本数が多く、ボリュームのある目元だという事が言われているのです。
特に日本人は美容意識が高くまつげエクステをして抜けたり切れたり、という事も多いでしょうから、そこまで濃くはありません。
また、長さも欧米人の方が特徴的です。
日本人よりも長い事が多いため、比較的まつげの角度やインパクトについては欧米人の方が印象が強くなっています。

ただ、それ以上にアラビアや砂漠地帯、中東などの人の方がよりまつげは長いとされます。密集度も高く、成長速度も速いようなのです。
これは砂漠の砂に対応するためとか、強烈な紫外線から目を守るため、などと言われています。
日本よりも何か色々なものが目に入る可能性が高いので、体が適応した結果と言えるでしょう。
日本人の場合はあまりまつげを長くする必要はなかったのかもしれません。

そのため、長く見せるためのメイク方法や成長させるための方法について詳しい人も多く、一方で目元の印象が薄い人も少なくないのも日本人ならではの欠点です。
最近では特に目元にマスカラやつけまつげをつける人、アイラッシュやエクステなどで長さやカールを出す人なども多くいますから、少しずつ日本人のまつげに対する意識も変わってきているようです。

とはいえ、成長速度や密集度などの自然なまつげの長さや特徴的な目元にする方法は、やはり欧米系の人の方が有利な傾向があります。
このため、日本人がもし長く見せるにはメイク方法を工夫したり、専用の育毛剤などで適切にケアをして伸ばすように工夫することが大事でしょう。
もともとの毛が無いとエクステがつけられなかったり、自然な伸び方をしなかったりもしますので、お手入れやケアは大事になってきます。
ナチュラルに生えてくるものを大事にしたり、もっと伸ばすように工夫しながらケアするとより成長速度も速くなり、自然で魅力的な目元になってくるのではないでしょうか。

関連記事
本当に美白肌は男性に好まれるの? 2020年05月04日

美白は女性にとっては大事だとされ、特に伝統的に日本では色の白いは七難隠すともいわれてきました。ですが、一度冷静になって考えてみると、本当に美白肌の方が男性に好まれるのでしょうか。男性全体ではなく個人個人としての好みの傾向であれば、実際はその人によって違うでしょう。意中の人がいるのであれば、その人に色...

綺麗な肌を目指すならまずはクレンジングから見直そう 2020年03月30日

綺麗な肌にするためには、クレンジングが重要です。クレンジングはメイクを落とすためのケアであり、かなり重要な物でもありますが、適当にしているとすぐに肌トラブルも起きてしまう可能性があります。どういうポイントで選べばいいか、また見直すポイントはどこなのかチェックしましょう。まず、大事なのが部分メイク落と...

睡眠不足は大敵!美肌を保つための方法 2020年02月20日

睡眠不足はお肌の大敵ですが、そのほかにもお肌にダメージを与えるものや、老化を促すような生活習慣はあります。美肌を保つためには、いくつかの美肌を保つ方法を覚えておきましょう。まず、ひとつはやはり睡眠をしっかりとることです。睡眠はお肌を修復すると同時に、ストレスから体や心を守り、しっかり休ませてくれるの...

綺麗になりたい人こそしっかりスキンケアをするべき理由 2020年01月11日

スキンケアは毎日のケアで大事なものです。綺麗になりたい人こそ毎日しっかりスキンケアをしながら肌の様子を観察したり、体のパーツがどうなっているかを観察する必要があります。この最も大きな理由は、そもそも毎日体調は一定ではないという事が大きいでしょう。毎日体は生まれ変わりますし、自分が意識しなくても新しい...

手軽に買えるルミガンのジェネリック医薬品ケアプロスト 2019年11月11日

まつげを伸ばすためにはルミガンもありますが、ルミガンのジェネリックにケアプロストという薬もあります。ジェネリックとは何かというと、その薬の開発特許の期限が切れたので、その後にいろいろな会社が自分の会社で医薬品を作り、その際にある程度同じような成分で価格は安く作る事が出来る、という薬です。このため、ま...